エレコム、Androidに対応した360度VR撮影カメラ「OMNI shot mini」

エレコムから3月下旬より発売される、Androidスマートフォンに装着して360度のVR撮影ができるVRカメラ「OMNI shot mini(オムニショットミニ)」が話題になっています。

OMNI shot mini.jpg

Android OS搭載のスマートフォン・タブレットに装着する360度VRカメラです。動画撮影は、標準で2.5K(2560×1280ドット)、最大で3K(3008×1504ドット)に対応しており、美しい画質で360度動画を撮影することが可能です。

静止画は、450万画素相当(3008×1504)の画質での撮影に対応。手振れ補正機能を搭載しており、見やすい動画を撮影することができます。手振れ補正機能を搭載がいいですね。iPhone用のVRカメラはよく見かけますがAndroid用はなかなか見かけないのでいいですね。

撮影では、無料ダウンロードできる専用アプリ「OMNI shot mini」を使用することで、初心者でも気軽に扱えるといいます。電源はスマートフォンまたはタブレット本体のバッテリーを使用します。
撮影画像は、4つのビューモード(フィッシュアイ、パノラマ、リトルプラネット、クリスタルボール)で閲覧でき、各モードで基本のスワイプのほか、VR、ジャイロ効果を有効にすることができます。

主な仕様は、受像素子が1/3型 CMOSセンサー×2、センサー総画素数が408万画素×2、撮影画角が水平360度/垂直360度、ライブストリーミング出力画素数が2560×1280/30fps、最大フレームレートが30fps。

対応OSはAndroid 6.0以降。対応機種は、USBホスト機能に対応したAndroidスマートフォン・タブレット。本体サイズは40.5(幅)×46.5(高さ)×40(奥行)mm。重量は約28g。

気になる価格は36,191円となっております。


スポンサードリンク